2020/10/23(金) – 11/9(月)  ※休廊:火•水•木
OPEN 12:00 – CLOSE 19:00 (最終日 -17:00)

 

GAMOYON Gallery
大阪市城東区今福西1-3-23
〒536-0004
TEL 06-6599-9405

http://gamoyon-gallery.com/


Statement

 いつも切ないところにある記憶や経験は、なかなか像を結ばない。
 それは死の重さを感じさせながら、流れていく知覚をとおして、形あるものとそうではないものとの間 ( あわい ) に明滅している。
 描いていくことは、間 ( あわい ) に向かって明滅するモノをイメージとしてすくい取ることだが、画面に置くと、どこかに沈んで、偶然や予感とでも言うような 曖昧なものにもどる。
 定位しようがないそれらは画面の中でも曖昧なままだが、確実に空間やみる人に共振するように広がる。

 制作の開始は、不定形の色彩を画面全体に充填せず、キャンバス外の空間と呼吸するように置いていくことからはじまる。私と画面、作品と置かれた空間、作品とみる人とのやりとりのための余白を残す。
 そして絵具の乾燥と重色を繰り返し現れた色面は、白色で覆われて遠くにいったり、深い色彩で近くに重く沈んだりして描く時間の進行に合わせて呼吸する。
 さらにその包み込む画面へ、線を細くぬうように、うたうように描く。
 それは色面に動きや方向を暗示する。またデジタル画像から抽出した硬い線は、もとの形象を少しだけに匂わせたりするが、ほとんどが分解されたかけらとしてある。この全く違うところからやってきた線 / かけらは色面に少し寄り添い、あるいは大きく反発することで画面の中に響きが広がる。

 

Statement
” SCOOP UP THE SCENERY 2 “

 Memories and experiences, always in a sad place, do not form an image.
 With the weight of death, they flicker between the tangible and the intangible through flowing perception.
 To paint is to scoop up the flickering things that flicker between, but when placed on the picture plane, they sink somewhere and return to something vague, like coincidence or premonition.
 These objects, which cannot be localized, remain ambiguous even within the picture plane, but they certainly expand to resonate with the space and the viewer.

 The beginning of the work is to place the unstructured colors in a way that they do not fill the entire picture, but instead absorb the space outside the canvas. I leave a blank space for the interaction between me and the painting, between the work and the space in which it is placed, and between the work and the viewer.
 The color surface, which has been repeatedly dried and heavily colored, breathes as the painting progresses, either distantly covered in white or heavily submerged nearby in deep colors.